本記事はChromebookの中でもCPUがIntelの Celeron、Pentium、Core-i など x86 アーキテクチャーのものについてのみ適用できます。以下、Chromebook(x86)と記述します。
Chromebook(x86)を何機種か紹介します。画像をクリックするとAmazonへ飛びます。

  
MediaTek や Qualcomm (Snapdragon)など ARM アーキテクチャーのものではできません。
(現時点で人気のレノボとASUSのキーボード着脱式の機種ではできません)

Chromebook(x86)  で Linux の wine を使ってPC版の野狐を正常に動かすことができたのでその手順を説明します。(幽玄の間も動作はするのですが、未だ文字化けの問題が解決できていません)
.bash_profile の編集など、ある程度、Linuxの操作に慣れた人向けの説明になってます。

Linux環境を有効にしてターミナルを立ち上げます (→参照【完全図解】Chromebook で囲碁きっず2 準備編

以下のコマンドを順に実行します。

sudo dpkg --add-architecture i386
wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
sudo apt-key add winehq.key

/etc/apt/sources.list を編集して次の2行を追加します。

deb https://dl.winehq.org/wine-builds/debian/ buster main
deb https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/Debian_10 ./

以下のコマンドを順に実行します。

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys DFA175A75104960E
sudo apt update
sudo apt install --install-recommends winehq-stable

.bash_profile に以下の行を加えて環境変数を設定しておきます。

WINEARCH=win32
WINEPREFIX=~/.wine32
LANG=ja_JP.UTF8
export WINEARCH WINEPREFIX LANG

設定を読み込んでおきます

source .bash_profile

次のコマンドでwineの環境を構築します。

wineboot

途中、画面の指示にしたがっていろいろインストールしてください。

winetricksをインストールしてcjkフォントをインストールします。

wget  https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
chmod +x winetricks
sudo cp winetricks /usr/local/bin
winetricks cjkfonts

※wget の次はスペースが入りますが、改行は入りません

野狐のサイトからインストーラーをダウンロードします。

wget http://webigojp.com/files/install.exe

インストールします。

wine install.exe

次回以降は次のように野狐を起動することができます。

wine  .wine32/drive_c/Program¥ Files/foxwq/foxwq/foxwq.exe

※¥は半角の\(バックスラッシュ)です。