Homebrewのインストール

https://brew.sh/index_ja

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

最新のcmakeのソースをダウンロードしてビルドしてインストール

https://github.com/Kitware/CMake/releases

cmake-3.16.0-rc3-Darwin-x86_64.dmg

sudo “/Applications/CMake.app/Contents/bin/cmake-gui” –install

curl -O https://github.com/Kitware/CMake/releases/download/v3.16.0-rc2/cmake-3.16.0-rc2.tar.gz
tar xzvf cmake-3.16.0-rc2.tar.gz
cd cmake-3.16.0-rc2/
./bootstrap
make
sudo make install

KataGo のソースをゲットするために git をインストール
brew install git

KataGo をゲットしてビルドします
git clone https://github.com/lightvector/KataGo.git
cd KataGo/cpp/

ここで日本ルールに対応させるために改造
neuralnet/desc.cpp を編集します

vi neuralnet/desc.cpp
Rules ModelDesc::getSupportedRules() という関数を編集します。

cmake . -DBUILD_MCTS=1 -DUSE_BACKEND=CUDA
make

gcc 最新版インストール
brew install gcc

ls /usr/local/bin/gcc*
結果がこれ
/usr/local/bin/gcc-9 /usr/local/bin/gcc-nm-9
/usr/local/bin/gcc-ar-9 /usr/local/bin/gcc-ranlib-9

gcc9がインストールされたようです。

シンボリックリンクを貼っておきます。

$ ln -s /usr/local/bin/gcc-9 /usr/local/bin/gcc
$ ln -s /usr/local/bin/g++-9 /usr/local/bin/g++

でこちらが呼び出されるか確認

which gcc
/usr/local/bin/gcc

OK

これがもし /usr/bin/gcc になってたら

export PATH=$PATH:/usr/local/bin

Java インストール
https://adoptopenjdk.net/

Lizzie0.72ゲット
https://github.com/featurecat/lizzie/releases