2019/11 追記
KataGoの登場によって、この記事のような改造作業、ネットワークファイル探しなどすることなく、Lizzie で9路・13路の検討をすることができるようになりました。エンジンにKataGoを利用しているならメニューから表示ー設定で碁盤サイズを選ぶだけです。

関連記事:【 図解】囲碁クエストの棋譜を囲碁AI(KataGo)で調べる

配布されている LeelaZero は19路専用ですが、ちょっとの改造で Lizzie ともども 9路に対応させることができます。

まずは LeelaZero。

config.h の

static constexpr auto BOARD_SIZE = 19;

となっているところを

static constexpr auto BOARD_SIZE = 9;

に変更して make。以上

Lizzie は config.txt の

“board-size”:19

となっているところを

“board-size”:9

に変更。以上。

「改造」などというと仰々しいですが、もとのプログラムがちゃんとした作りになってればこんなもんです。

13路も同じ要領で簡単です。おわかりですよね。9 ではなく13にすればよろしい。

あと問題はそれぞれのサイズで学習をしたネットワークファイルを読み込ませるだけ。
(ここがいちばんの難関)

9路のはネットで拾ってくることができました

13路のもどっかにないかなぁ、誰か作ってくれないかなぁ….