13路、星か小目か

spaceman が囲碁クエストでAyaZBot とこれまで134勝119敗10ジゴの死闘を繰り広げてますが、spaceman が最初の2手、空き隅に打つ手は星か小目か。集計してみました。

白番はほとんどが星打ちなのに対して、黒番では星と小目の組み合わせが多用されているようです。

黒番 131局 64勝61敗6ジゴ 勝率 0.511

星と星   46局 24勝19敗3ジゴ 0.554
星と小目  52局 30勝22敗 0.577
小目と小目 4局 1敗3ジゴ 0.375
星と五の五 3局 1勝2敗 0.333
その他布石 26局 9勝17敗 0.346

白番 132局 68勝58敗6ジゴ 勝率 0.538

星と星   96局 50勝41敗5ジゴ 0.547
星と小目  8局 4勝3敗1ジゴ 0.563
小目と小目 1局 1敗 0.0
星と五の五 10局 4勝6敗 0.4
その他布石 17局 10勝7敗 0.588

その他布石というのは、大半は2手目や3手目に空き隅放置してカカったりツケたりした碁です。他は、初手七の五とか、天元とか、高目や三々の碁もあります。
「星と五の五」の組み合わせだけ突出して多かった(10局以上)ので特別に集計しました。
「その他布石」の中に、黒の初手小目に対して、五の五にかかる碁も何局か入ってますし、小目と五の五も1局あります。13路盤における五の五、は興味深いテーマのようです。

spaceman vs AyaZBot 第1ピリオド第50局

第50局 黒:AyaZBot 白:spaceman
spaceman コメント:たぶん三々の死活が読めてない。捨石注意報発令で慎重に取って勝ち。28勝19敗3ジゴ。

 

棋譜(SGF)ダウンロード

 

棋譜並べ用PDF

1-50

spaceman vs AyaZBot 第1ピリオド第49局

第49局 黒:AyaZBot 白:spaceman
spaceman コメント:手所で誤る。フンヌラバ。27勝19敗3ジゴ。

 

棋譜(SGF)ダウンロード

 

棋譜並べ用PDF

1-49